MANI's LIFE ON THE EARTH

コンシャスチャネラー マーニ の日記

1.11 禊の旅

 

途中まで書いて止まっていたので、

ちょっとタイムラグがありますが...

 

年末に行ったばかりなのに、また箱根に行ってまいりました。

今回は一人で。

最初に、そして初めて訪問した塔ノ沢の深澤弁財天さまをお参り

しながら、ボソっと口をついて出た言葉が、そうなのです... 

 

「こりゃ禊の旅だな」

 

1月11日は何か特別な日な気がしていて、予定を入れないように

していました。

その2日前、ヘミシンクのワーク、3回目くらいのセッション中に

ぽろぽろとキーワードが出てきていたのです。

 

 箱根元宮、評議会、行くとメッセージ?

 不動明王、六甲、瀬織津姫

 

(1/11に行けということか??)

 

そうセッション中に浮かんでいたのに、

 

(車は使えそうだけれど、一人で行くのはあまり自信ないし、

 山道は凍結も怖いし... この前行ってきたばかりだし...

 そもそも、そういうメッセージだったのかもわからないし...)

 

いろんな言い訳が出てきました。

頭の中でぐるぐるするばかりなので、例の五円玉ペンデュラムに

聞いてみることに。

他の近場の候補を挙げたり、誰かと一緒に行くのかとか、

繰り返し繰り返し...

 

で、結論。 「一人で箱根に行ってこい」

 

はい... (--;

 

箱根元宮に行くのは間違いないとして他には?

と、ベッドに入ってからスマホで調べ始めたら、

キーワードからつながるつながる...

眠りたいのに、もう一人の私が止まらず、2am過ぎまで。

もう限界、そのまま意識を失うように眠りました。

 

翌朝、つまり1/11当日の早朝、ふらふらと起き、息子のお弁当を

作って送り出し、その時点でもまだ

 

(本当に行くの〜?)

 

どこまで優柔不断なのだか... --;

その時、

 

(あ、今日は新幹線で行っちゃおう!)

 

割高ですが、時間短縮&楽ちん。自分を甘やかすことにしたら、

俄然行く気が出てきました 笑

 

新幹線の中で、昨夜ブックマークしたところを見直していたら、

最初に、すっかり忘れていた塔ノ沢の深澤弁財天さまの記事が。

 

(行けということ...?)

 

芦ノ湖周辺の元宮や箱根神社に行くには、小田原か箱根湯本から

登山バスで1時間近く。それも本数が少ないので、効率的に

回らないととんでもないことになりかねない。

そして、元宮から箱根神社のある元箱根バス停までは、

平日はバスが通っていないとか。

その上、塔ノ沢に寄るとすれば、箱根湯本から登山電車で往復。

これまた本数が少ない。

 

まさに、思考が活発に働いて、いったいどないすんねん状態。

 

それでも、深澤弁財天さまのところへ行かずにはおれなくなり、

駅でもらった時刻表やバス路線図を握りしめ、塔ノ沢へGO!

 

そうそう、小田原駅についてびっくりしたのですが、

なんと小田急線、止まっていました...  新幹線大正解。

 

塔ノ沢駅ホーム。降りる人は私だけ。

工事中かぁ... と思ったけれど、工事の人がいてくれてよかった。

そうでなければ、あまりに静かすぎて怖かったかも ^^;

 

(で、どこですか???)

 

反対側ホームに渡ると、ありました!

 

とその前に、小さなポーチだけの超軽装だったこともあり、

握っていた時刻表などがものすごく邪魔に感じて、ゴミ箱へポイ。

 

(なんとかなるさ!)

 

深澤弁財天さま

実はこちら、瀬織津姫に所縁のあるお宮。

だからヒットしてきたのでした*^^*

 

f:id:JOYMANI:20170119220750j:plain

ホームからいきなり。

 

f:id:JOYMANI:20170119215927j:plain

じゃーん!

 

f:id:JOYMANI:20170119220008j:plain

正面から撮りすぎて、龍のお顔が...^^;

 

f:id:JOYMANI:20170119222032j:plain

こちらでご挨拶。

いまだかつて感じたことのない、びっくりするほど

清々しいお宮でした。ほんとに。

お賽銭は、洗ったお札で奉納。

かえるさんがたくさん。

 

f:id:JOYMANI:20170119215914j:plain

奥宮へ...

 

f:id:JOYMANI:20170119220811j:plain

この奥に、小さな小さな祠があって、

ひっそりと弁天様がいらっしゃいました。合掌。

 

境内には火伏観音様も。

しつこいようですが、本当に本当に清々しいお宮でした。

瀬織津姫は、もちろん諸説あるようですが、

川や滝、水の神様と言われ、祓戸四柱のおひとりとされています。

まさに清流で洗われたような感覚になりました。

ご縁をいただいてありがとうございます。

 

f:id:JOYMANI:20170119215947j:plain

ゆっくり参拝させていただいてホームに戻ってきたら、

まもなく到着の合図が。鉄子になりました ♪

 

 続く...