読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MANI's LIFE ON THE EARTH

コンシャスチャネラー マーニ の日記

プロセスの不思議さと美しさを楽しむ

気づけばもう2月... って、まるでデジャヴ的な出だし ^^;

 

年明けしばらくして、ようやく動き出したなぁと思ってから、

箱根再訪。学生時代の盲腸以来、人生2度目のちっちゃ〜い手術。

久しぶりの人間ドック、を兼ねた仲良し三人組での大分旅行。

あ、その前日にぎっくり腰もやった!

人生初のぎっくり腰は、家族旅行当日の朝でした。

まるで、遠足前日に熱出しちゃう小学生みたいだ... 爆

それでも家族旅行へは行ったし、今回もコルセットして

予定通り出発。人間ドックでは満点。

心置きなく遊びまくってきましたよん (*^^*)

 

そんなこんなで、本当に盛り沢山な1月を過ごしておりました。

 

振り返ると、箱根だけではなく1月自体が禊の月だったのかなぁ。

あるいは、コックピットに入って調整してもらって、

さぁ!また行っておいで! みたいな。

 

話はちょっとずれるけれど...

ここ数年、書き留めておきたいけれど、いろいろなことが単純にも

複雑にも自分の中でどんどん繋がって、時系列的にまとめられない

もどかしさを募らせていました。

 

今回の大分でも、行く先々に思いがけず不動明王さまがいたり、

宇佐神宮でいただいたおみくじが、つい先日箱根神社でいただいた

ものと全く同じだったり、どうにも魅かれると思った国東半島には

修験道(←過去世あり)の聖地的な場所があったり...

 

箱根元宮でチャネリングしたメッセージと、その数日後、

預言カフェでいただいたメッセージがリンクしていたり...

 

以前...1年位前だったか、ヘミシングでのワーク中のこと。

観音菩薩さまのような方が何か優しく伝えてくださっていて、

でも...だって...的にもじもじしていたら、突然、ものすごい形相の

不動明王さまのような方が現れて、左手に何か塊を持ち、右手に

持った剣でその塊の余計なものをバッサバッサと切り落とし、

丸い水晶のような玉になったと思ったら、

「いいか!お前のやることはこれじゃろうがぁ〜!!」

と怒鳴られた... ことがありました 爆

 

不動明王さまとか長谷観音菩薩さまとか広隆寺弥勒菩薩さまとか、

ごく限定的にお慕い申し上げる方々はいるのですが恥ずかしがら

全く知識がなく。

つい先日、本屋さんでふと

「イラストでわかる日本の仏さま」という本を手に入れました。

どんどん脱線していくので、話を戻したいと思うのですが...

 

その本によると、大日如来さまは教えを説く相手の能力や人格に

応じて変化するのだと。

菩薩となって慈悲の心で正しい教えに導き、

煩悩が強すぎる者に対しては力づくで強化するために、

武器と怒りが必要で、それが不動明王の姿なのだと。

これを読んだ時(つい昨夜のことですが)

 ( あのワーク中に出てきたのは

   紛れもなく菩薩さまと不動明王さまだったのだ... )

と改めて得心しました。

 

実は私、2年程前に、高野山金剛峰寺で

結縁灌頂(けちえんかんじょう)

胎蔵界』のご縁をいただきました。

信頼する友人に誘われ、よくわからないまま... 恥

この時すでに、大日如来さまとご縁をいただいていたのか...

 

さらに遡れば、もう何年も前、あの美しい「観音力カード」を

初めて引いた時、どんな素敵なカードが出てくるかと思ったら

不動明王』さまのカードで、心底がっかりした記憶が。

                            ごめんなさい!

 

結縁灌頂は、胎蔵界ともう一つ、金剛界もあります。

両方のご縁をいただいて完了なのだと。

当時はあまり気にしていませんでしたが、やはり、

いつか受けてみたいと思えてきました。

 

とりとめもなく失礼しました!

ちょっと書いただけでもこんな感じ...収拾がつきません 

 

でもね、こんな記事を見つけました。

 

2017年アセンション予報 1月26日付 大天使ガブリエル ”完成の後の創造のステージへ進む開拓者たち” | メタフィジックス通信 

 

親愛なる人たち、そのような可能性に向かって進むとき、

どうか大きな夢を描いてください。あなたのゴールがどこなのか

分からなくても、どうか不安にならないでください。

あなたの願いと最高の可能性に応えるのは、あなたではなく、

宇宙の仕事だからです。

あなたの仕事は、自分の行くべき方向性が少しずつ明らかになる、

その不思議さと美しさを楽しむこと。そしてそのプロセスに感謝を

することです。

 

それでいいんだ。

なんだか心が楽になりました。

焦ったくて、早く早くともがいていた時期も長かったし、

張り巡らされた伏線のような気づきのパズル、そのピースが

はまっていく過程をきちんと書き残しておきたいような気にも

なっていたけれど...

振り返ると、確かに、少しずつ、本当に少しずつ方向性が

明らかになってきていて、その不思議さといったら!笑

それはきっとこれからも続いていくのでしょうね。

プロセスの不思議さと美しさを楽しみ、感謝しつつ、

ゆったりと進んでいけたらと...

 

こんなことを書いていたら、ふと、

「嵐の前の静けさ」と浮かぶ... 汗

 

もう寝よっと。