読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MANI's LIFE ON THE EARTH

コンシャスチャネラー マーニ の日記

"手がかり"に

最近、なんとなく引っかかっていたこと...

 

SNSやブログなどで、時に名言のように、

ご自身の考えを表現する方がいらっしゃいます。

もちろん、そういう場でもあるし、

シェアすることが良かれと思ってのことでしょうし、

もしかしたら、ビジネス的な手法であったりするのかもしれません。

 

それ自体は個々人の自由。

 

ただ、受け取る側は ??

無防備な状態に、スルッと入ってくる言葉。

 

CASE1

それを即 「正しいこと」として認識し、

さらには、その「正しいこと」ができていない自分を

責めてしまうことはないか?

 

CASE2

同意・共感できることは「正しい」と笑顔で頷き、

できないことは「間違っている!」と憤慨することはないか?

 

↑↑↑ 実は、MANI自身の経験です ^^;

 

今は、その内容に共感できるか否かというよりも、

その表現スタイルに多少の違和感を覚えることはありますが、

基本的に

『あぁ、この人はこういう考えなんだな〜』

『へぇ〜』

『ほぉ〜』

『ふむ〜』

こんな感じのどれかです。

 

このことを記事にしようと思い立ったのは、つい先程、久しぶりに

手にした神との対話からメッセージをもらおうかと思って、

なんとなく開いたページから飛び込んできた一節でした。

 

 ものごとは、本質的に「正しい」か「間違っている」かではない。

 

こうやって書きながら、引っかかっていた理由がはっきりしました!

 

楽しいはずのSNSや、たとえ憧れの存在の誰かのブログの言葉であっても、

 

” ◯◯でなければダメ ” 

 

とか

 

” ◯◯しないと幸せになれない ”

 

という類の言葉に 受け取る側の心が乗っ取られるようなことが

ないといいなぁ... と思うのです。

 

語弊があったらいけないのですが、その言葉がいけないわけでも、

その言葉の発信自体がいけないわけでも決してなくて、

受け取る側のスタンスとして、

その言葉を受け取って、自分がどう感じるか、考えるかを探る

”手がかり” にできたらいいなぁと思う次第です。

 

 

過去のちょこっと苦い経験から...

そして 自戒を込めて...