MANI's LIFE ON THE EARTH

コンシャスチャネラー マーニ の日記

謎が解けた !?

㊗️カーリング女子 銅メダル おめでとうございます!!!

すごかったぁ... そして みんな可愛すぎる✨  

終わっちゃってちょっとさみしいかも... 😢

 

さて、書きかけで止まっていた仕上げを... *^^*

 

----------

ある友人との会話の中に、最近、気学の話題もよく出てきます。

彼女の周りには、なぜか七赤金星の人が多いのだと。

 

彼女自身の本命星月命星ともに七赤金星ではないし、

陰陽五行で相性が良いわけではないのに、

なんとも言えないようなプラスの感情を伴い、

不思議に思っているのだと。

  

実は、5,6年前に気学を学んだ時期があり、

久しぶりに、当時の資料を振り返ってみました。

 

すると、彼女の傾斜宮兌宮。つまりは七赤金星

彼女自身の中に、その資質がすでにあったのでした。

 

気学にも色々な流派があるらしいので、賛否はあるかと思いますが、

端的に私の解釈を言うと...

 

本命星は、今生で体現していく資質。

 占星術でいうところの"太陽"ですね。

月命星は、幼少期に現れやすい資質。

 占星術だと、まさに "月"。

 *ちなみに、運気の流れ本命星で、

  吉方位本命星月命星の両方で見ます。

  幼少期(〜成人する頃まで)は月命星に重きを置いて見ます。

傾斜宮は、魂的な資質。

 占星術だと... ドラゴンテイルと通じる感じかな。 

 既に持っているし、できちゃうけれど、今生のテーマではない。

 

傾斜宮の象意を取り入れるなどして、魂の衝動を満たして

あげることが大切で、そうすることでバランスが取れ、

今生のチャレンジへのパワーが出てくる・・・

と、当時の師匠コメントのメモも発見。

 

なるほど、そうだったそうだった。

だとすると、彼女は七赤金星を体現している人たちと

一緒に過ごすことで、魂がパワーチャージされるのかも

しれませんね。 

 

傾斜法の観点から自分の特質などを改めて見てみたら、

当時はあまりピンときていなかった(ことすら

わかっていなかった!?)ことも、

「あら、図星!」

と認めることができました *^^*

 

『すべての道はローマに通ず』 

 

占星術も気学も、チャネリングもひぷのセラピーも全て、

自分を知る道なり^^

 

 

閑話休題

面白いことがわかりました!

先日UPした記事 ↓

『これでいいのだ!』 - MANI's LIFE ON THE EARTH

こちらで 、タモリさんはじめ、

"佇まいが好きだなぁ..." と思う方々を列挙しましたが、

なんと!

6人中5人(糸井重里さん以外)が、

本命星月命星、あるいはその両方が

二黒土星だったのです! 

         本命星 / 月命星

タモリさん  一白水星/二黒土星

星野源さん  二黒土星/九紫火星

大野智さん  二黒土星二黒土星

博多大吉さん 二黒土星/一白水星

斎藤工さん  一白水星/二黒土星

糸井重里さん 七赤金星/八白土星 

 確かに"佇まい"は他の方々とはちょっと異なりますね ^^)

 

二黒土星の象意と言えば、

すべてを受け入れ慈しみ育む 『母なる大地』

 

『まるっとそのままを、程よい距離感で優しく眺めるような眼差し。

そのベースにある知性。』

 

そうか!

私が彼らの中に見出していた

『これでいいのだ!』 "母性" だったのかも!!

 

ちょっとマニアックな記事になってしまってごめんなさい。

そう、これが "謎が解けた!?" ことでした😅

 

ちなみに、件の彼女も月命星が二黒土星✨でした!